スポンサーサイト 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
 
【EURO 2012】 Group A予選:ドイツ×トルコ@2010/10/08  
ぎゃぁぁぁぁぁぁぁ♥♥♥
複雑な状況の中でよく頑張ってくれたエジルん
熱烈な応援のトルコ・サポ

みなさん、Guten Tag♥ 駒鳥です(´∀`)ノ

10月8日(金)現地時間20:45~、ドイツのベルリンにて
EURO2012 グループA 予選ドイツ×トルコ戦が開催されました。
(日本時間だと9日(土)午前3:45キックオフ)

ドイツはトルコ人在住者ならびにトルコ系移民を多数抱える国です。
中でも今回の開催地ベルリンは、首都だけあってとくにその数が多い地域。
また、ドイツ・マンシャフトの中にはトルコにルーツを持つ選手もいます。

試合を通じて、ドイツという国の内情の一部が垣間見えた一戦となりました。

EURO 2012 qualifying match Group A
Deutschland×Türkei

以下、結果、先発、交代、ゴール、カードの内訳、観戦メモ。
今回は文章も画像もとても多いです。試合以外のこともたらたら書いてます。
スクロールめんどいですがあしからず~(´∀`)


【結果】
ドイツ×トルコ: 3-0

【ゴール】
42分:1-0:ミロ様
79分:2-0:エジルん
87分:3-0:ミロ様

【ドイツ代表先発&交代メンバー】
1.マヌマヌ - 16.ラーム隊長、17.メルテさん、14.バト、5.ハイコ -
6.ケディー、18.トニクロ - 13.トーマス、10.ポド、8.エジルん -
11.ミロ様

86分:10.ポド → 15.トレーシュ
90分:11.ミロ様 → 19.カカウ
90分:8.エジルん → 21.マルコメ

【トルコ先発&交代メンバー】
1.デミレル - 7.ギョニュル、4.エルドガン、2.セルベト、22.サルオール -
15.アウレリオ、20.サヒン、5.ベロゾール - 14.フルマツ、6.ハミトさん -
21.ハリルさん

25分:15.アウレリオ → 19.トラマン
63分:21.ハリルさん → 9.シェンテュルク
78分:20.サヒン → 17.ユルドゥルム

【カード】
45+5分:イエロー:チェティン(トルコ)

【試合データ】
試合データ
>> その他

各データ参照元
UEFA.com - UEFA EURO 2012 - ドイツ×トルコ
kicker online - EM-Qualifikation, 2010/11, 3.Spieltag - Deutschland×Türkei

【観戦メモ】

ドイツ・スタメン

試合会場のベルリン・オリンピアシュタディオン 今回の試合会場はドイツの首都ベルリンの
 オリンピアシュタディオン。
 つまり、ドイツ・マンシャフトのホーム戦。
 にもかかわらず、ホームなんだか
 アウェーなんだかよくわからん雰囲気
でした。

 それもそのはず。
 以下、Wikipedia - ドイツ - 民族 より抜粋。

 ドイツ国籍を持たない外国人労働者とその子孫は
 全人口の9%を占める。
最も多いのがトルコ人で171万人に上るが、国籍法改正以降ドイツ国籍を取得する人が急増し、ドイツ国内のトルコ系人口は281万人にもなる。このような安価な労働力の流入がドイツ人の雇用悪化を招き、失業者の中には暴動に走る者も現れた。また文化的衝突からネオナチなどの外国人排斥運動に賛同して外国人を襲撃するなど、深刻な問題となっている。

難しいことはよくわかりませんが、とにかくドイツとトルコの間には
雇用や失業といった労働状況の変化、宗教や文化の違いによる対立、といった
一筋縄じゃいかない根深く複雑な問題が山積している、ということのようです。

エジルん
エジルん、ことメスト・エジルはドイツ代表として出場しました。
ドイツ生まれドイツ育ちのトルコ系移民3世。
今月10月15日にようやく22歳の誕生日を迎えるこの若い選手は、
どんな気持ちでこの試合を戦っていたのでしょうか。

しんどかっただろうなぁ・・・
トルコのサポーターからのブーイングは試合中ずっと鳴りやみませんでした。
エジルんがボールを持つと、それはなお一層強く大きくなりました。
そのあまりの激しさに、思わず耳を疑いました。

日本は他国と地続きの国境がない島国で、今でもほとんど単一民族の国です。
わたしはそんな、ある意味とても単純な国で生まれ育ったので、
トルコにルーツを持つエジルんを、いくら敵チームの選手とはいえ特別に敵視する
トルコ・サポーターたちに少なからずショックを受けました。

どんなにキレイな建前を並べようと、超えられない壁がある。
そんな現実を思わぬ形で突きつけられ、少なからず動揺しました。

みんな、気持ちはひとつ
でも、 大 丈 夫 !
どんな背景を背負っていようと、マンシャフトはマンシャフト! \ 仲 間 /
みんな心はひとつ。強い結束力もドイツ・マンシャフトの魅力ですよね(´∀`)b

と、まぁ、前置きがやたら長くなってしまいました。いい加減、観戦メモをば。

今回、シュバの不在という大きすぎる不安材料を抱え、
これまたトルコという難敵を相手にしなければならなかったドイツ。

でも、シュバの不在がマンシャフトたちに良質の切迫感をもたらしたのか
試合は序盤からややドイツ優勢の雰囲気。
とはいうものの、パスがうまく繋がらなかったり、ときどき呆気ないほど簡単に
ボールを奪われたりする危なっかしさがちらつき、全然安心できませんでしたけどね。

強い相手だとドイツはいつも身構えすぎる傾向が高い気がする(スペイン@W杯とか)
その辺は今もあんまり変わってないというか、「ヤング・ドイツ」だなぁ、というか。
どこが相手でもボッコボコに叩きのめす気で行ってくれ、と言ったら過激すぎるかもだけど
尊敬しすぎとか構えすぎになるのもほどほどにね。

前半は「ヤング・ドイツ」のスピード感もあまり感じられず、やや守備重視の慎重な試合展開。
でも、トルコ相手じゃしょうがないかぁ(*゚з゚)=3 といった心地でした。

メルテさんは眼底の怪我から復帰後、頼もしさが増しましたね!
で、結構頻繁にトルコにペナルティエリア近くまで攻め込まれていたのですが、
ゴール前でもメルテさんを中心にドイツの守備は落ち着いていました。
やっぱりマンシャフトにはメルテさんの高さと冷静な判断力が必要です!
いや~、それにしてもメルテさんったら、眼窩底骨折も無事完治し、
お子さんもできてパパになるからか、ますます頼もしく男前になりましたね(^p^)

素晴らしい俊足のバト
今回、その判断力と反応の素晴らしさ、俊足ぶりが際立っていたバト
35分、誰もいないところをトルコに一気に攻め込まれるも、バト猛ダッシュ!!!
→ 猛追 → ペナルティ・エリア間際でナイスクリア!
普段のかわいこちゃんぶりからは想像できない超男前プレーでした(*゚∀゚*)b

マヌマヌ。吼えてます。
マヌマヌ@25分。
私のマヌマヌは今回も イイ尻してました♥ 見事な守護神ぶりでした!!!

25分、トルコのカウンター攻撃に素早く反応して前に出ると
マヌマヌは長身を活かしたジャンプ&パンチでファイン・セーブ!
きゃーマヌマヌ素敵最高超かっこいいよー(人´∀`)♥

マヌマヌ「大丈夫?」とセルベトをぽんぽんウェブさんに説明中。
ところがこのとき、トルコ2番セルベトの顔面にマヌマヌの腕が直撃Σ(゚Д゚;)
不可抗力で肘鉄食らわしちゃったみたいです(汗)
治療後セルベトは試合に戻ってきたので大事にならず一安心(;´∀`)=3

左:「大丈夫か?」とセルベトの肩をぽんぽんするマヌマヌ。
右:主審ウェブ審判に「肘が当たっちゃったんですよ」と説明中。

ハイコとバト
守備ですが、今回はハイコさんが地味に(←失礼)効いていたと思うんですよ。
わかりやすい活躍こそなかったのですが、とにかく走り回って小さな危険の芽を
つぶさに潰し回ってくれていたように感じました。

このように守備陣がしっかりしてくれていれば、おのずと中盤・前線も安心できるもの。

とくにラーム隊長やケディー、それにトニクロの馬力の効いた奮迅ぶりのおかげで
ドイツは徐々に自分たちのペースを掴むことができるようになりました。

ラーム隊長
ラーム隊長の駆け上がりは今日も力強く男気満点でした!
この小さな身体からあの突破力抜群のドリブル。やっぱり鉄人だわ隊長(*>∀<*)

ケディー
シュバ不在の穴を見事埋めてくれたケディー
いつもに増して攻撃に積極的というか、試合を通じて動きが活動的だった印象。
15分のエジルんへのパスのキレキレっぷりには痺れたわぁ(*´∀`*)

トニクロ
沈着冷静なプレーが光ったトニクロ
やっぱりシュバの分まで頑張らなきゃ!と奮起してくれたのかな。
各スポーツ誌のオンライン版でも総じて高評価みたいだし、頼もしい限りですね♪

得点こそ決まらないけど、手に汗握る楽しい試合。
前半は0-0のまま終わりかな~(´з`)と思っていた41分。

ステルス機発動!
嬉しそうなトーマス
ミロ様、待望の先制1点目
TOOOOOOOOOOR

ラーム隊長の右サイドからのロングクロス→トーマス飛び出してヘディングシュート→
GK指先に当たる→ゴールポスト右上部分に当たって弾いてさらに地面を弾いたボールを→
ミロ様ヘディングでガツンと押し込みました!!!!!!

「どうしてそこにいる!?」なミロ様のステルス機っぷりは勿論、
切れ味鋭いラーム隊長のロングクロスも、どんな体勢でもボールを
ゴールに押し込もうとするトーマスの冷静かつ貪欲なプレーも
すべてが圧巻の1点目でした。

チャンスメーカーにもなれるトーマス
やっぱりトーマスが好き♥
トーマスはこの試合、得点こそなかったものの見事なチャンス・メーカーでした。
攻守にわたって縦横無尽にピッチを駆け回り、功名心もエゴもない献身的なプレー。
若いのにずいぶん大人びたプレーをするよなぁ、と改めて惚れ直したよトーマス♥

ミロ様のこの先制点のおかげで、手探りムードだったマンシャフトたちは選手それぞれが
自分たちの仕事を明確に意識したプレーができるようになったように感じました。

トーマス><
後半開始からトルコは攻勢を強めてきました。
そんな中、わたしの可愛いトーマスにまさかの事態が!
50分、トーマスの右耳にトルコ選手の腕が激突Σ(゚Д゚;)
でもすぐプレーを続行できたので大事なかったようです。
何事もなくて本当よかったよ~(;´∀`)=3

マヌマヌ、超ファインセーブ!
1点先制したものの、ちょいちょい危ないシーンに出くわすマンシャフト。
51分には、一瞬の隙を突かれトルコの21番ハリルさんにゴール前まで攻め入られます。
で・も! ここはやっぱり私のマヌマヌですよ。
ハリルさんの目の前&真ん前シュートを、超至近距離にもかかわらず
右手と右足でボールの軌道を逸らして超ファイン・セーブ(*゚∀゚*)b
さすがマヌマヌ♥ 素晴らしい判断力&反射神経です!!!!

ポド
今回は裏方に回ってトルコにプレッシャーをかけてくれていたポド
69分、惜しくもシュートはゴールポスト右へ逸れちゃったけど、
この試合でポドはいつもよりずっと沈着冷静なプレーができていました。
12日のカザフスタン戦こそスピード感抜群のTorを見せてね!

この後もドイツ優勢の試合の流れは変わらないものの、
どうにもこうにも追加点を決めきれないマンシャフト。

でも、エジルん、トーマス、ラーム隊長のプレーはやっぱりキレキレ。
とくにラーム隊長が1番逞しかったですよ(*゚∀゚*)
あんなに小柄なのにボールを奪わせないんです!まさに戦車。頼もしい限りです!!!

そしてそんな隊長のキレキレぶりがまぶしい79分。

2点目TORのエジルん
エジルんを祝福するマンシャフト
エジルん、追加点2点目
TOOOOOOOOOOR
★★

79分、右サイドからのキレキレ☆ラーム隊長からのパスを駆け上がりつつ中央で受け、
GKの足の真横を通す超・超・超イカしたTORでしたよーーー(*゚∀゚*)b

エジルん・・・やっぱり複雑そうな表情だな・・・
でもW杯のときみたいな喜びの表情は浮かんでいませんでした(´・ω・)
喜びたいんだけどトルコ・サポや親戚に遠慮もあるだろうし、胸中複雑なんでしょうね。

みんなでエジルんTORを祝福
エジルんとトーマス@エジルんTOR直後
いたわりはぐはぐ
でも、みんなにお祝いのハグハグをされて、ほっと一安心した表情になってました。
トーマスのいたわるようなハグハグに胸がほっこりしたなぁ( ;∀;)カワイイヨー

そしてそんな2点目TORのわずか数分後、試合終了も間近の87分。

コレぞごっつぁんステルス機
ミロ様、ごっつぁん3点目
TOOOOOOOOOOR
★★★


ミロ様@3点目TOR直前
ミロ様はもう何かが降臨しているとしか思えない神懸かりっぷり。
87分、トルコGKまさかのパスミスでペナルティエリア間際にいたミロ様にパス→
ミロ様がそれを外すはずもなく、そのまま真正面からあっさりゴール!
ミロ様この日2点目のごっつぁんTOR&ドイツはダメ押しの3点目ゲト♪

代表におけるミロ様の輝きっぷりが尋常じゃない件☆
何かが降臨しているとしか思えない神懸かり具合。
これぞまさに、ストライカー! 清々しいまでの点獲り屋!!!
神さま仏さまミロスラフ・クローゼ様~(´人`)拝

そして87分、3-0というスコアでぞろぞろ帰っていくトルコ・サポ。
しんどいのはわかるけど最後まで応援してあげようよ~ヾ(´Å`;)

そんなこんなで試合終了。

アンゲラたん&ヴルフ大統領も大喜びw
メルケル首相(通称アンゲラたん、右)とヴルフ大統領(左)も大喜びの
快勝@3-0\(^O^)/

試合終了♪
応援Danke!!!

これでアウェーのトルコ戦に負けたとしても、それ以外全勝なら
まずGL勝ち抜け突破は確実。 これは大きな一歩ですよね。
アウェーのトルコ戦まで勝負を持ちこむとか怖すぎgkbr

エジルん、大丈夫?
懸案事項はエジルんのケガですね(;´ω`)
どうやらこのトルコ戦で、軽度ではあるものの左足首を傷めた模様。

エジルんは10月9日付DFBのインタビュー
「(足首は)まだ痛むんだ。でも、代表の医療チームや理学療法士がすぐ治療してくれたから、
 すぐに良くなると思うよ。カザフスタン戦も、絶対試合に出たいからね」
と前向きなコメントをしてくれていますが、
いまだ腫れが引かず、出場は危ういとの見方が濃厚です。
うぅ、心配だなぁ(;´ω`)

なにはともあれ、お疲れちゃん
まぁなにはともあれ、とりあえずこれでEURO2012予選の最初の難所は越えたことになります。
マンシャフトもレーヴ監督(通称ヨギヨギ)もまずはほっと一安心でしょう。

この試合を通じて、ドイツという国の内情の一部が垣間見えました。
とくにマンシャフトは、ドイツという国の縮図なんだと思います。
スポーツと人の感情が切り離せないのと同じように、ドイツとトルコに限らず、
それぞれの国にはそれぞれ抱え込む歴史や文化や問題があるんだなぁ、
ということを改めて実感した試合でした。

にわか駒鳥の個人的意見ですが、内容も結果もドイツの圧勝だったと思います。
得点を決めたのはミロ様とエジルんですが、トーマスもケディーもトニクロもポドも
ハイコもラーム隊長もバトもメルテさんもマヌマヌも、みんな素晴らしい仕事ぶりでした。

マンシャフトは、どこのポジションからでもいろんなパターンで攻撃できるチームですよね。
相手チームにしてみたら、こんなに面倒くさいチームはないと思います(笑)
誰か1人をマークしても、また別の選手がいろんなところから攻撃を仕掛けてくるんだもの。

若い選手もタケノコのようにニョキニョキでてくるドイツ。
今も今後も、マンシャフトの活躍がますます楽しみですねヽ(*´▽`*)ノ


【 おまけ 】

エジルん(にこっ)
エジルんの「にこっ」が殺人的に可愛い件。

よぎよぎwww
ヨギヨギが(色んな意味で)最強www
ポドのシュートがはずれてどんだけ悔しかったんだヨwギwヨwギwww

トーマスとマヌマヌ
トーマスとマヌマヌ可愛すぎるよぉぉぉ


::: 駒鳥 :::

にほんブログ村 サッカーブログ ブンデスリーガへ
Danke Danke Danke ♥


 
 
ミロ様ぱねぇ 
ミロ様2点も素晴らしかったです!
ホント代表のミロ様は輝きが違いますね。
エジルんもやる前は散々アルティントップに嫌味言われたり
試合中もブーイングだったり大変だったですが
粉砕するようなゴールが良かったです。
今更またWM見直してるんですが
鈴木亮平さんが
「レーブ監督曰く、このチームにとって
クローゼとポドルスキーがとても大事な選手なので
クラブで不信だろうと信頼して絶対代表には呼ぶんです」
とおっしゃっていました。その期待に答えるんだから素晴らしいです。
 
申し訳ない。
不信→不振です><
カンジ ムズカシイネi-195
Re: マリーナさん 
マリーナさん、今回もコメントDankeです(*´▽`*)ノ

ミロ様のステルス機っぷりに痺れましたね!
2点とも「なんでそこにいるの!?」な素晴らしすぎるポジション取り。
やっぱりマンシャフトにはまだまだミロ様が必要ですね☆

エジルんは同胞の選手やサポーターからなにかと言われることが多いのに
寡黙に淡々と自分がするべき仕事をこなしていて、そのプレーは勿論ですが
その精神面にも感服させられますよね。
これまで色々苦労してきたんだろうなぁ、と思うとより一層応援したくなります♪

今後も、ミロ様は経験豊かなベテランとして、エジルんは才能豊かな若手として
マンシャフトで活躍してほしいですね\(^O^)/
 

管理者にだけ表示を許可する

トラックバックURL
http://rotkehlchen8362.blog133.fc2.com/tb.php/110-756e3a07

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。